口ベタでも上手に会話できるトーク術

たとえば気になる人と縁あって二人きりで食事などに出かけることになったとき、あなたは彼、または彼女とうまく話せることができますか?一言二言では、会話とは言えません。人見知りしない人でも多少は緊張するのに、口下手な人は特に、会話を続かせることですら難儀の業だと思います。そこで、今回は、口下手な人でも上手に会話できるトーク術を紹介していきます。

 

目次
最初は聞き役に徹する
質問には質問で返す
結論をすぐに出そうとしない

 

最初は聞き役に徹する

まずは相手に、自分のことを話してもらいましょう。要するに、聞き上手になる、ということです。聞き役に撤すれば、最初は緊張してうまく自分のことを話せなかったとしても、相手が話してくれるので、相手の人柄や趣味など、さまざまなことを聞いて、知ることができます。
相手も、自分のことを気持ちよく話せて、しかも自分の話を心地よく聞いてくれるなんてことになったら、あなたに好印象を抱くこと間違いなしです。また、相手も、自分のことばかり話してしまったら、今度はあなたの話を聞こうとするでしょう。そのころには、あなたの緊張もうまくほどけて、すらすらと言葉が出てくるようになるかもしれませんよ。
おさる4

質問には質問で返す

口下手な人は、突然話をふられたりすると、うまく話せないことが多いようです。ここで、急に相手から質問されたときの対処法として、質問には質問で返すというものがあります。
簡単なテクニックです。相手に質問されたら、「あなたはどうですか?」と質問返しすればいいのです。そうすることで、相手のことも知ることができますし、あなたの心の準備をする余裕もできます。

 

結論をすぐに出そうとしない

最後は、相手との会話を長続きさせるためのテクニックです。それは、話の結論をすぐに出そうとしないようにすることです。
要するに、相手に質問されて、すぐに答えを出してそのことだけを告げるのでなく、いろいろな話を巻き込んで、ストーリーとして話すことで相手の興味を惹くのです。そうすることで会話する時間が長くなり、コミュニケーションがとりやすくもなります。
その際に、変に面白おかしくするのもいいですが、あなたの印象を残すために工夫してストーリーをつけましょう。
おさる5
いかがでしたか?口下手な人は、会話することに苦手意識を持っていることが多いですが、誰しも自分のストーリーを持っているものです。そのストーリーを、あなたなりに一生懸命アピールポイントとして生かせばいいのです。同じチャンスは二度ときません。一度きりの出会いのために、口下手な人は、ぜひ参考にして練習してみてください。