お金がかからない女性と思わせる方法

男性のプライドとして女性には「良いものをプレゼントしたい」とか、「デート代はすべて出してあげたい」こんなことを考えています。
ただ、そうは言っても男性にも経済的な限度があるので、いくらでもOKとはいきません。
必要以上にお金の浪費をしなければ良いだけなのですが。
今回は、男性が「お金がかからない女性」と思わせる方法について紹介していきます。

 

目次
1.全身のコーディネートは20万円以内
2.バッグの中が整頓されている
3.食事の際のメニューバランス

 

全身のコーディネートは20万円以内

ポイントはブランド物をあまり持たないことです。
ただ、全身のコーディネートと言っても、下着やバッグの中の小物は省きます。
あくまでパッと視界に入る部分を指します。

 

具体的には洋服、時計、リングやピアス、ネックレスなどのアクセサリー、バッグや靴などがそれに当たります。
20万円を超える状態はゴージャスさがにじみ出てしまうので、お金がかかるように思われます。
おさる10

バッグの中が整頓されている

バッグの中が整頓されていると、家の中もきちんと整頓されているように想像されます。
そうすると、物をなくしにくく、また長持ちさせることができるようになります。
物を大切にしてくれる、無駄遣いの少ない女性に感じることができます。

 

食事の際のメニューバランス

メニューバランスとは男性の頼むメニューとのバランスです。
例えば、男性が1,000円のランチを頼んでいるのに、1,500円以上のランチを頼むような女性は男性からすると少々未来が不安になります。

 

もちろん、割り勘で女性は自分のものを自分で支払うつもりだという言い分もあるでしょう。
しかし、男性が奢ってしまう可能性も頭に入れて判断するべきです。
本当に自分が食べたい物があり、男性の注文とバランスが取れないのであれば、後日自分で勝手に食べに行けば良いわけです。
あくまで男性にアプローチをしたいのであれば、男性に合わせることが必要です。
おさる11
いかがでしたか?
今回紹介した男性の考え方は間違っているかもしれません。
しかし、お金に関しては男性にプライドがあるので女性には余裕があるように振る舞ってしまいます。
男性は「奢ってあげたいけど、女性にはあまりに豪快なお金の使い方をされると困る」というのが本音です。

 

簡単に言えば、1つ1つに感謝の気持ちを持って、1つ1つをきちんとこなしていけば、男性の評価も十分高いものになるでしょう。